遺言・相続・後見制度の活用など/建設業許可申請など許認可手続き/承ります

遺言・後見制度・相続手続き

  • HOME »
  • 遺言・後見制度・相続手続き

高齢期のご安心

 ご高齢になられると、お元気でもいろいろなご不安が頭をよぎる時があって当然です。

「元気なうちに後々のことを考えておきたい。」
「きちんと遺言書をつくっておきたい。」
「相続の手続きをどうしたらよいのか。」
「親亡き後のことが心配・・・・」
  「独り暮らしだけど、これから万が一・・。」

 当事務所では、後見制度、遺言書作成・相続はじめ諸制度を活用して、不安を解消する最善の方法をご一緒に考え、書類の作成・法律的手続きもさせていただきます。また、必要な場合は税理士・司法書士・弁護士など信頼できる専門家とも連携してご相談に応じます。

相続の手続き

 親族の方が亡くなられると、一時期に葬儀・相続などの一連の手続きに向き合わなければなりません。当事務所では、遺産分割協議書の作成はじめ相続に関する一連の手続きを、必要な場合は他の士業の方とも連携して進めます。行政書士は訴訟などの代理権はありません。逆にいうと行政書士に相続の仕事を委任するということは、当事者の方々が「争わないで話し合いで相続手続きを行う」ことを選択しているということです。行政書士は全ての相続人の皆様に公平に接して必要な法的判断を助言しながら相続手続きをいたします。

相続に関するルールが大きく変わります

 今年(2019年)から来年にかけて、相続のルールが大きく変わります。

①自筆証書遺言の方式緩和(2019年1月13日(日)から施行されています。) 

 遺言書を全部自筆で書く「自筆証書遺言」ですが、財産目録については手書きで書く必要はなくなりました。ワープロでの作成や、通帳のコピー(一枚一枚に署名押印が必要)でよいことになりました。

②婚姻期間が20年以上の夫婦間で居住用財産(居住用建物又はその敷地)の遺贈又は贈与がされた場合については、原則として、遺産分割における配偶者の取り分が増えることになります。(2019年7月1日施行)

③預貯金の払い戻し制度の創設。(2019年7月1日施行)

 預貯金が遺産分割の対象となる場合に、各相続人は、遺産分割が終わる前でも、一定の範囲で預貯金の払い戻しを受けることができるようになります。

④遺留分制度の見直し(2019年7月1日施行)

(1)遺留分を侵害された者は、遺贈や贈与を受けた者に対し、遺留分侵害額に相当する金銭の請求をすることができるようになります。

(2)遺贈や贈与を受けた者が金銭を直ちに準備することができない場合には、裁判所に対し、支払期限の猶予を求めることができます。

⑤特別の寄与の制度の創設(2019年7月1日施行)

 相続人以外の被相続人の親族が(いわゆるお嫁さんなど)無償で被相続人の療養看護等を行った場合には、相続人に対して金銭の要求をすることができるようになります。

⑥配偶者居住権の新設(2020年4月1日施行)

 配偶者が相続開始時に被相続人所有の建物に居住していた場合に、配偶者は、遺産分割において配偶者居住権を取得することにより、終身又は一定期間、その建物に無償で居住することができるようになります。被相続人が遺贈等によって配偶者に配偶者居住権を取得させることができます。

⑦法務局における自筆証書遺言の保管制度の創設(2020年7月10日施行)

 自筆証書遺言を作成した方は、法務大臣の指定する法務局に遺言書の保管を申請することができるようになります。

基準行政書士報酬額(他に+消費税+実費がかかります )

相続人及び相続財産調査50,000円~
遺言書起草及び作成50,000円~
遺産分割協議書の作成50,000円~
相続手続き遺言執行手続き(相続人・財産調査、名義変更などすべて含みます。実費は別です。税関係は税理士・登記案軽は司法書士の報酬が別に発生します。)250,000円(相続財産総額が2000万円超の場合は超える部分のの0.75%を加算)
信託手続き相続手続きに準じケースに応じ個別に算出します。
その他の業務含む報酬の考え方☆行政書士会調査のその業務の全国平均報酬額と最頻値の低いほうの値を基準にします。
☆その業務の当事務所の平均的所要時間に1時間5000円で計算した金額を参考に、上記金額に加減する場合があります。
*上記二点を勘案して報酬額を決めさせていただきます。
*正式契約時に実費見込み額と行政書士報酬を金額を示せていただきます。契約を結び、実費見込み額と報酬の3割相当額の着手金をお支払いいただきます。
*最初のご相談のみ(特別な調査研究を要するものを除く)は無料です。

業務対象地域

小金井市 国分寺市 小平市 西東京市 東久留米市 清瀬市 東村山市 東大和市 武蔵村山市 武蔵野市 三鷹市 府中市 調布市 狛江市 稲城市 多摩市 日野市 町田市 八王子市  国立市 立川市 昭島市 福生市 あきるの市 青梅市 日の出町 羽村町 瑞穂町 奥多摩町 檜原村

お問い合わせはこちらまで。ご相談のみは無料(特別な調査研究を要するものは除く)です。 TEL 042-401-2058 平日午前9時~午後6時

PAGETOP
Copyright © 玉川新行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.