小さな建設業者・外国人入管手続きのご相談を承ります。

15 建設業許可の欠格要件

次の条件に当てはまる場合、建設業許可の要件を満たしていても許可が受けられません。

①建設業許可の取り消し処分を受けてから5年未満の者

②役員等に建設業法等の規定に違反して罰金刑に、又はそれ以外の罪で禁固以上の刑に処せられ、刑の執行が終わり刑をうけなくなってから5年未満の者がいる場合。

既に許可を受けている企業が欠格要件にあらたに該当し、又は該当することがわかった場合には、許可が取り消されることになります。

お問い合わせはこちらまで。携帯は090-3009-9387.ご相談のみは無料(特別な調査研究を要するものは除く)です。 TEL 042-401-2058 電話受付平日午前9時~午後6時(出ないときは留守電にメッセージを。携帯から折り返しお電話させていただきます。)

PAGETOP
Copyright © 玉川新行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.