小さな建設業者・外国人入管手続きのご相談を承ります。

10 建設業許可の必要要件

建設業許可の必要要件は次の通りです。

①経営業務管理責任者が設置できること。
法人の常勤役員(個人の場合は本人または支配人)のうち一人が、次のいずれかに該当すること。
・許可を受けようとする建設業(業種)に関し、5年以上執行役員等としての経験を有していること。
・許可を受けようとする建設業(業種)に関し、5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有していること。
・許可を受けようとする建設業(業種)以外の建設業(業種)に関し、6年以上経営業務の管理責任者としての経験を有していること
・許可を受けようとする建設業(業種)以外の建設業(業種)に関し、6年以上執行役員等としての経験を有していること
・許可を受けようとする建設業(業種)に関し、6年以上経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって、経営業務を補佐した経験を有していること

②営業所ごとに一定の資格・経験を有する技術者を選任で設置できること
例えば、一般建設業の建築工事業であれば、高等学校のけんちくがっかを卒業後5年間以上建築の業務に従事している技術者が社員としていることが必要です。
また、特定建設業いついては、より高度な資格・経験が必要になり、更に、特定建設業のうち指定建設業については、1級の国家資格等の取得者に限られます。

③誠実性があること
企業やその役員、支店長、営業部長等が請負契約に関して不正又は不誠実な行為をする恐れが明らかな者でないことが必要です。これは一般建設業も特定建設業も同じです。
なお、不正な行為とは、請負契約の締結等の際における詐欺、脅迫等の法律に違反する行為をいい、不誠実な行為とは、工事内容、工期、天災等による損害の負担について請負契約に違反する行為をいいます。

④財産的基礎があること
一般建設業では、原則として、500万円以上の自己資本か資金調達能力が必要です。
また、特定建設業については、高額の下請け工事を出すことから、資本金が2000万円以上あり、かつ、自己資本が4000万円以上あることなど、一般建設業に比べて厳しい基準になっています。

⑤欠格要件に該当しないこと
以上の①から④までの要件を満たしていても、許可の取り消し処分を受けてから5年未満の者や、役員などに禁固以上の刑に処せられ刑の執行が終り刑を受けなうなってから5年未満の者がいるなどの者は許可が受けられません。
また、役員などに暴力団、暴力団員でなくなった日から5年を経過していない者がいるなどの場合や、暴力団員等がその事業活動を支配する者は許可が受けられません。

お問い合わせはこちらまで。ご相談のみは無料(特別な調査研究を要するものは除く)です。 TEL 042-401-2058 平日午前10時~午後6時

PAGETOP
Copyright © 玉川新行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.