遺言・相続・後見制度の活用など/建設業許可申請など許認可手続き/承ります

09 受注した土木一式工事の中に、建設業の許可を受けていないとび・土工工事や鉄筋工事が含まれていますが・・・・。

専門工事を請け負う場合にいは、原則として、工事の種類に応じた専門工事業の許可が必要ですが、一式工事の許可業者が一式工事として請け負う工事の中に専門工事が含まれている場合は、その専門工事業の許可を持たなくても施工することができます。
 この場合は、次のいずれかの方法で施工することが必要です(建設業法第6条の2台項)。ただし、当該専門工事が軽微な工事に該当する場合にはその必要はありません。

① 専門工事についての主任技術者の資格を持持ってる者を管理技術者として配置する(受注した一式工事の主任技術者や管理技術者がその資格を持っている場合は検認してもよい)。

② その専門工事について建設業の許可を受けている専門工事業者に下請負させる。

 また、建設業者は、許可を受けた建設業に係る建設工事を請け負う場合においては、その建設工事に付帯する他の建設業に係る建設工事を請け負うことができるとされています(同法第4条)が、今お場合の工事の施工についても上記と同様に取り扱われています(同法第26条の2第2項)。

 この付帯工事の性格には、次のようなものがあると考えられています。

① 主たる建設工事の施工により必要を生じた他の従たる建設工事

 管工事の施工に伴って必要を生じた熱絶縁工事、屋根工事の施工に伴って必要を生じた塗装工事など、主たる建設工事の機能の保全や能力を発揮させるもの。

② 主たる建設工事を施工するために生じた他の従たる建設工事

 建築ウ物の改修等の場合に、電気工事の施工に伴って必要を生じた内装工事、建具工事の施工に伴って必要を生じたコンクリート工事、左官工事など、主たる工事に関連して余儀なく施工することが必要とされるもの。

お問い合わせはこちらまで。ご相談のみは無料(特別な調査研究を要するものは除く)です。 TEL 042-401-2058 平日午前9時~午後6時

PAGETOP
Copyright © 玉川新行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.