遺言・相続・後見制度の活用など/建設業許可申請など許認可手続き/承ります

06 建設業許可の業種区分

建設業許可は、建設業の業種を建設工事の種類ごとに区分し、業種ごとに行われます。この建設工事の種類は、2つの一式工事と27の専門工事に区分されています。

(業種区分)
・土木工事業     ・建築工事業

・大工工事業     ・左官工事業

・とび・土工工事業  ・石工工事業

・屋根工事業     ・電気工事業

・菅工事業      ・タイル・れんが・ブロック工事業

・鋼構造物工事業   ・鉄筋工事業

・舗装工事業     ・しゅんせつ工事業

・板金工事業     ・ガラス工事業

・塗装工事業     ・防水工事業

・内装仕上げ工事業  ・機械器具設置工事業

・熱絶縁工事業    ・電気通信工事業

・造園工事業     ・さく井工事業

・建具工事業     ・水道施設工事業

・消防施設工事業   ・清掃施設工事業

・解体工事業

なお、同一の業者が業種の違いにより、ある業種では一般建設業の許可を他の業種では特定建設業の許可を受けるということはできますが、同一業種で一般建設業と特定建設業の両方の許可を同時に受けることはできません。

また、2021年(令和3年)3月31日までの間は、既存のとび・土木工事業の技術者も解体工事業の技術者とみなされます。

お問い合わせはこちらまで。ご相談のみは無料(特別な調査研究を要するものは除く)です。 TEL 042-401-2058 平日午前9時~午後6時

PAGETOP
Copyright © 玉川新行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.