相続手続きが完了する前に相続人が死亡した場合、その死亡した相続人の相続人が当初の被相続人の相続協議に加わる場合が出てきます。

父親がなくなり、息子がほかの相続人と協議しているときは、息子の妻は相続人ではありません。しかし、協議が長引いているうちに息子がなくなってしまいますと、妻は息子の相続人として父親の相続財産の遺産分割協議に参加することになります。これを数次相続といいます。

なんだか「代襲相続」と似ていますが、数次相続は被相続人の死亡後に相続人が死亡したときのことです。代襲相続は、相続人が被相続人の相続開始前に死亡しているときのことです。

数次相続は、相続手続きを数年・数十年していない場合に起こることが多く「所有者不明土地」のできる原因のひとつとも言われています。

*(代襲相続の民法の関連条文を挙げておきます。)

「民法 第八八七条(子及びその代襲者等の相続権)

①被相続人の子は相続人となる。

②被相続人の子が相続開始以前に死亡したとき、又は第八百九十一条(相続人の結核自由)の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権  を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人になる。ただし、被相続員の直系卑属でない者は、この限りでない。

③前項の規定は、代襲者が相続の開始以前に死亡し、又は第八百九十一条(相続人の欠格事由)の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権  を失った場合について準用する。

八八九条(直系損z区及び兄弟姉妹の相続権)

①次に掲げる者は、第八八七状の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順位に従って相続人となる。

一、被相続人の直系尊属尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。

二、相続人の兄弟姉妹。

②第八百八七条第2項(子の代襲者)の規定は前項第二号の場合について準用する。

第九〇一号(代襲相続人の相続分)

①第八百八十七条第二項又は第三項の規定により相続人となる直系尊属の相続分は、その直系尊属が受けるべきであったものと同じとする。ただし、直系卑属が数人であるときは、その各自の配偶者が受けるべきであったについて、前条の規定に従って、その各自直系尊属を相続分が受けるべきであった部分について、前条の規定に従ってその相続分を定める。

②前項の規定は、第八百八十九条第二項の規定により兄弟姉妹の子がいる場合について準用する。