中小法人・個人事業者のための一時支援金
(緊急事態宣言の影響緩和)
(当事務所は「事前確認」のみは無料です)

  • HOME »
  • 中小法人・個人事業者のための一時支援金(緊急事態宣言の影響緩和)(当事務所は「事前確認」のみは無料です)

「一時支援金の概要」

 2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛の影響で、売り上げが50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に、「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」(一時支給金)が給付されます。

<給付対象について>

(1)緊急事態宣言に伴う飲食店時短営業又は外出自粛等の影響を受けていること。(緊急事態宣言の再発例に伴い、緊急事態宣言の発令地域(以下『宣言地域』という)の飲食店と直接・関節の取引があること、又は、宣言地域における不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けていること。)

(2)2019年比又は2020年比で、2021年の1月、2月又は3月の売上が50%以上減少していること。

<給付額>

・給付額=2019年又は2020年の対象期間の合計売上ー2021年の対象月の売上×3か月

・上限= (中小法人等)60万円   (個人事業者)30万円   <対象期間>1月~3月

<対象月>対象期間から任意に選択した月(対象期間内に、2019年の同月と比べて、緊急事態宣言の影響により事業収入が50%以上減少した月)

<事前確認が必要>

 一時支援金申請の前に、商工会や、税理士・行政書士などのうち登録したかた(登録確認機関)が、必要書類や営業の事実などを確認します。これは面談のほか、テレビ電話などでもできます。当事務所はZOOMで事前確認を行わせていただきます。事前確認のみの方は無料です。書類作成や申請手続きのアドバイスなども依頼される方は、申請額の2%を行政書士報酬としていただきます。

 申請期限は5月31日までです。

 下記の一次支援金のホームページから原則ご本人が申請します。 

 「一時支援金」 https://ichijishienkin.go.jp/

 事前確認は、それぞれの確認機関にご予約してから行うようにしてください。当事務所もお電話お待ちしております。

小金井市民と近隣市の方のご相談を承ります。 TEL 042-401-2058 電話受付平日午前10時~午後5時(電話に出ないときは留守電にメッセージを録音してください。折り返し(場合により携帯から)お電話させていただきます。)

PAGETOP
Copyright © 玉川新行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.